2020年東京オリンピックを楽しもう!開催決定で得する5つの方法

0
73

今から待ち遠しい2020年東京オリンピック・パラリンピック。

しかし、もちろんお金がかかってしまいます。そこで、どんな方法を使えばお得に観戦出来るのでしょうか。

家で観戦するという場合もお得に楽しみたいですよね。

スポンサーリンク


1.東京オリンピックで株主優待券を活用する

2020年東京オリンピック・パラリンピックでかかる費用というのは観戦費用だけではありません。

宿泊費、交通費、飲食費とさまざまな面でお金を使う必要があるのです。

そんな中、それらを全てカバー出来るのが株主優待券の存在です。

会社によっては東京オリンピック・パラリンピックの期間中には使用出来ない場合もあります。

繁忙期になると、使えないとしているところが多いのでその点は注意が必要ですね。

しかし、株主優待券はうまくいけば手に入れるだけではなく、ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなるのです。

もちろん、リスクもあるのですが株主優待券を目的としての投資であればそこまでリスクが高いとは言えません。

更に、さまざまな分野で得する事が出来るのです。

特に期間中東京でしばらく滞在するという方であれば考えてみても良いでしょう。

2.百貨店友の会を利用する

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催地は東京です。

そして、東京にはたくさんのデパートや百貨店があります。

期間中観戦に行ったついでに食事や買い物をする方もいらっしゃるでしょう。そんな時に便利なのが百貨店による友の会の存在です。

例えば、毎月5000円を積み立てします。

すると、1年間で6万円積み立てた事になります。

しかし、65,000円という金額の商品券になって戻ってくるのです。

このように、基本的には1年間積み立てて、1ヶ月分がおまけになって商品券になるといった感じですね。

毎月5万円積み立てれば1年間で5万円得する事になるのです。

商品券の存在も嬉しいのですが、百貨店内のレストランで割引が受けられる場合も多いので、食事や買い物の際には是非加入しておきたいポイントです。

スポンサーリンク


3.東京オリンピックに合わせたキャンペーンに注目する

2020年東京オリンピック・パラリンピックという名前を用いてセールやキャンペーンが行えるのは、選ばれたスポンサーのみです。

いわゆる便乗商法というのは禁止されているのです。

しかし、お店側にとっては絶好の稼ぎどき。東京オリンピック・パラリンピックの名前を出していなくても、セールを開催する所も多いでしょう。

そこで、こういったセールやキャンペーンは情報をしっかりチェックして、積極的に利用していきましょう。

しかし、もちろん気をつけなければなりません。セールになるとついつい買い過ぎてしまいますよね。

そこで、お財布の紐はしっかりしめておき、本当に必要な物だけ購入するようにしましょう。

また、この時期になるとテレビの価格が下がる事が予想されています。出来れば大型のテレビでオリンピックを観戦したいですよね。

そこで、テレビの買い替えについてもタイミングを考えたりと、こういうお得な時期を普段の買い物にも利用しましょう。

スポンサーリンク