2020年東京オリンピックで大活躍?医療チームを知る5つの鍵

0
196

2020年東京オリンピック・パラリンピックでも多くの日本人選手が活躍してくれる事でしょう。

それが楽しみではあるのですが、もちろん影の功労者達についても知っておくべきですね。

そこでJOCの医療チームをご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク


1.東京オリンピックと医療チームの関わりを知る

2020年東京オリンピック・パラリンピックと医療チームの関わりについてご紹介させて頂きます。

彼らの主な役割は選手たちのサポートです。例えば、オリンピックだけではなく国際総合競技大会において、スタッフが現地に派遣されます。

そして、選手の健康面をサポートしているのです。

スポーツ選手にとってはまさに体が資本です。

そのため、専属のトレーナーが一緒に付いて行く選手も多いでしょう。

しかし、中にはそんな余裕が無い選手も多いのです。スポーツにかかる費用というのはいつの時代も話題になります。

つまり、悩んでいる選手が多いという事ですね。

他にも、トレーナーだけではなく専門のスタッフや医師の存在というのは非常に便りになります。

多くの日本人選手が世界で活躍していますが、その陰にはこういった功労者の姿がいるという事を忘れないようにしたいですね。

2.東日本大震災による被災者の支援を行っている

2020年東京オリンピック・パラリンピックでは選手をサポートする事になる医療チーム。

しかし、東日本大震災の際にはJOCの呼びかけによって多くのスタッフが集まり、被災者支援を行いました。

この中心になったのはJOC情報・医・科学専門部会の増島篤医師。彼が中心になって呼びかけを行ったのです。

ちなみに、増島医師は日本代表選手団本部ドクターの役目を務めた事もありますし、阪神・淡路大震災でも医療ボランティアとして現地で活動していました。

被災地にボランティアに行く際、最も重要なのは自分たちの衣食住を確保する事です。

ふらっと思いつきでボランティアに行っても、自分たちの居場所が用意されているわけではないのです。

そのため、JOCの医療チームも独自のネットワークを活用し、多くの被災者達の支援を行いました。

スポンサーリンク


3.東京オリンピックにおけるチーム医療の重要性を知る

2020年東京オリンピック・パラリンピックでも、JOCの医療チームは活躍してくれることでしょう。

では、そもそも何故チームを組むのでしょうか。

個々の医師が協力するだけでは駄目なのでしょうか。

そこには、医療の質を高めるという大きなメリットがあります。

例えば、從來の医療では医師がメインになります。関連する職種の専門家達というのは、それを支える存在だったのです。

しかし、チーム医療というのは全員が主役です。

そのため、専門性をより深く発揮する事が出来るのです。

更に、それぞれの専門家たちがスムーズに連携を取る事によって問題がより明確化します。

問題が明らかになれば、それぞれの専門家たちが平等な立場で意見を交わし合い知恵を出しあう事によって最善の策がより引き出しやすくなるのです。

スポンサーリンク