2020年東京オリンピックに向けて感染症対策をしよう!

0
112

2020年東京オリンピック・パラリンピックの際には、国内外問わず多くの方が集まる事になるでしょう。

そこで考えなければならないのは感染症問題です。実際に過去のオリンピックでも感染症が問題になった事がありました。

そこで、改めて問題に触れ、対策について知っておくようにしましょう。

スポンサーリンク


1.過去のオリンピックと感染症の関係を知る

2020年東京オリンピック・パラリンピックについて考える前に、過去のオリンピックについて触れたいと思います。

まず、1964年の東京オリンピックを例にします。この時、まだまだ日本というのは衛生環境が良いとは言えませんでした。

そこで、東京都内でも赤痢のような感染症も珍しいものではなかったのです。

そして、東京オリンピックをきっかけに衛生環境を改善するために工事が行われる事になったのです。

今やこういった感染症というのは激減していますが、その背景には1964年の東京オリンピックがあったのですね。

逆に悪影響になってしまったのは1968年のメキシコオリンピックです。

この時、インフルエンザが流行していたのです。

そのまま大会は実行されましたが、その後に本格的な流行が始まったそうです。

よく、海外旅行の前に感染症対策について考え始める方も多いですね。

しかし、東京オリンピック・パラリンピック際には多くの外国人の方が来日する事を考慮して、最大限対策しておくべきでしょう。

2.東京オリンピックに合わせて予防接種を受ける

2020年東京オリンピック・パラリンピックに合わせて、予防接種の情報も開示される事になるかと思います。

既に、早い病院では予防接種に関してのアナウンスが提示されていますね。

やはり、予防接種を受ける事で感染症の対策が出来るというのは皆さんよくご存知かと思います。

特に東京オリンピック・パラリンピックでは、通常日本では考えられない感染症にかかる可能性もあります。

そのため、予防接種の需要が高まるのではないかと考えられています。

ちなみに、どの予防接種を受けるべきなのかという問題は、やはり医師によって異なります。

しかし、こういったガイドラインが事前に発表される可能性も高いですね。

東京都内にお住まいの方や、東京オリンピック・パラリンピックを観戦に行くという方、ボランティアに行くという方も予防接種については考慮すべきでしょう。

スポンサーリンク


3.東京オリンピック観戦には個人防護具を検討する

2020年東京オリンピック・パラリンピックの観戦において、出来れば取り入れておきたいのが個人防護具の存在です。

この個人防護具は名前はちょっと重く感じてしまうのですが、マスクや手袋といった通常時にも使用している物の事です。

そこで気になるのがマスクの選び方ですが、高性能な物程良いという事ではありません。

近年では一般向けにも販売されていますが、正しい装着方法を理解していなければその効果は半減してしまうのです。

もしこういったマスクを利用するのであれば、装着方法は何度か練習しておくようにしましょう。

また、通常の不織布の使い捨てマスクでも十分だと言われています。

期間内には鞄の中に多めに用意をしておくようにしましょう。

スポンサーリンク