給料が少なくても確実に貯金を増やす5つの方法

0
71

貯金をしたいと思っていても、給料が少なかったりするせいで、なかなか貯金が出来ないという人はたくさんいます。

でも、給料が少なくても貯金が出来ている人は多いのです。

そこで、どんな人でも確実に貯金が出来るようになるための方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク


1.貯金の目的を明確にする

まず、闇雲に貯金をしようとすることをやめて、明確な目的を持って貯金を始めることが大切になります。

貯金をしたいと思う人は、その理由を答えられる人と、答えられない人がいます。

そして、貯金をしたくても出来ないという人は、貯金のための理由がない人であることが多いのです。

例えば、どうしても欲しいものがあるとしたら、そのために何が何でも貯金をする人が多いと思います。

でも、何の目的もなく、毎日の生活を少し我慢する生活にして貯金をしようと思ったら、それは続かないのです。

確実に貯金をするためには、何のために貯金をするのかという目的をはっきりさせることが大切です。

例えば、海外旅行に行くためでも、車を一括で買うためでもいいのです。

何でも良いので、自分の好きなことで、多少お金のかかることをやるために貯金をしていくと、確実に貯金をすることが出来るようになります。

2.無駄遣いをなくす

無駄遣いをしているうちは、お金を貯めることはできません。

貯金をするというのは、ある意味では、貯金をするためのお金を捻出することにもなります。

毎月20万円の給料を、20万円分全部使っていたら、貯金をすることは出来ません。

20万円のうちで、1万円でも無駄遣いをしないようにすれば、貯金をすることが出来るようになるのです。

とはいえ、無駄遣いをしないようにすることは、とても難しいものです。

人は、何かと理由をつけて買い物をしたくなったり、後々になって無駄遣いに気付いたりするものです。

ですから、無駄遣いをしないようにすることは、ちょっと大変なことかもしれません。

そこでオススメなのは、大金を持ち歩かないようにすることです。

例えば、1日使っていいのは300円までと決めて、300円だけをお財布に入れて、後は口座に預けたままにします。

このように、必要以上のお金を持たないことで、無駄遣いを減らすことが出来るのです。

スポンサーリンク


3.固定費を削減する

生活費を削減するのに、一番簡単な方法は、固定費を削減することです。

給料が20万円で、固定費が15万円の人は、貯金をしようと思ったら5万円の生活費をもっと削らなければいけないことになります。

それなら、生活費として使えるお金を増やすために、固定費を削減することが一番なのです。

毎月5万円が生活費として消えてしまうのであれば、固定費をあと3万円ほど安くすることができれば、その分を貯金に回すことができます。

固定費削減のためには、まず家賃から削ることを考えてみましょう。

家賃は固定費の中でも一番大きな分野なので、家賃を削減することができれば、簡単に固定費の削減に繋がります。

また、電気代の削減は契約しているアンペアを減らすことでも可能になります。

固定費を削減することで、貯金をするためのお金というのは、簡単に捻出することができるので、無理な節約をしなくても良くなるのです。

スポンサーリンク