無理をしないで貯金をするための5つの方法

0
29

貯金をするために、過度な節約をしたり、無理をしている人がいます。

楽しみながらやっていればいいのですが、それがストレスになってしまえば貯金は出来ません。

そこで、無理をしないで貯金をするための方法を紹介します。

スポンサーリンク


1.過度な節約はしない

まず、無理をしない貯金のためには、過度な節約は禁物です。

節約をしすぎてしまうと、それがストレスになって長続きしません。

ですから、出来る範囲でゆっくり節約をしていきましょう。

まずは、節約をする順番を考えることです。

例えば、固定費を削減すれば、普段使っている生活費を削減しなくても、大きな節約になるかもしれないのです。

無理をしない節約のためには、毎月決まった金額があるものから節約していきましょう。

そして、節約のためだからといって遠くのスーパーまで行ってみたりということは、負担になるようならやめてしまいましょう。

その時間を利用して、自分で仕事をすることで、お金を稼ぐことも出来ます。

お金を稼ぐことが出来れば、節約をしなくても貯金が出来るかもしれません。

過度な節約をすることは、必ずしもいいことではないのです。

ですから、限度を考えて出来る範囲で節約をしていきましょう。

2.細かい家計簿をつけない

家計簿をつけることは、収支を把握するためにも必要なことです。
ですが、あまり細かく付けすぎると、面倒になって、3日坊主になってしまうこともあります。

過去、家計簿を買ったけど結局続かなかったという人は、細かく家計簿を付けすぎたのかもしれません。

そこで、細かく家計簿をつけるのはやめてしまいましょう。

でも、家計簿は大切な収支の把握のために必要なので、簡単に家計簿を付けていくことにします。

支出は「消費」「浪費」「投資」の3つだけです。

生活に必要なものは「消費」、必要なくても買ってしまったものは「浪費」、自分の成長のためや仕事のためであれば「投資」に分類しましょう。

レシートにマーカーで色を付けていって、その後で家計簿に記入すれば簡単です。

家計簿は大切なので、つけることが必要になってきますが、出来るだけ簡単にすることが続けるポイントです。

スポンサーリンク


3.節約でストレスを溜めない

ではここで、無理をして節約をして、貯金をした後の最悪のケースを考えてみたいと思います。

無理な節約でストレスを溜めていった人は、その後、貯金したお金を一気に使ってしまうことがあります。

節約で溜めたストレスは、浪費をすることで解消してしまう、という典型的な例です。

こうなってしまえば、節約も困り者ですし、貯金をすることも出来ません。

そこで、節約でストレスを溜めないことが大切なのです。

例えば買い物をするとき、普段はお菓子は「浪費」になってしまいますが、「お菓子ひとつ買えば節約のストレスが解消される」のであれば、「投資」にしてしまいましょう。

ただし、毎週1つだけにするとか、月に1回にするとか、限度は必要です。

普段は節約をしていても、週に1回でも息抜きをする機会があることで、節約を長続きさせ、貯金をしていくことができるようになるのです。

スポンサーリンク