お金を使わないでお金を貯めるための5ステップ

0
106

貯金をしたいと思うのは、誰でも同じです。

でも、お金がないから貯金が出来ないと思っている人も多いのではないでしょうか?

誰にでも貯金ができる、5つのステップを紹介します。

これを実践するだけで、どんな人でも貯金が出来るようになります。


スポンサーリンク


1.毎日の支出を見直す

まず、貯金をするためには、自分の収支を把握することが大切になります。

自分の収入を知らない人はいないと思うので、支出についてもう一度見直してみましょう。

例えば、自分の支出の中で、何がどのくらいの割合なのか、ということを考えるだけでもいいのです。

毎日の支出の中で無駄はないか見直すだけでもいいのです。

例えば、家賃は収入の3分の1以下にするべきといわれています。

収入が30万円の人が15万円の家賃のところに住んでいたら、貯金が出来なくなるのも分かる気がしますよね。

でも30万円の収入で6万円の家賃のところにすんでいれば、無駄遣いをしない限り、貯金は確実に出来るでしょう。

毎日の支出の中でも、無駄遣いをしていないか細かくチェックしていきます。

支出を見直すことで、自分がお金をどう使っているかを把握できるので、貯金をするために削るポイントを見つけられるのです。

2.カード払いをやめる

カード払いをしている人は少なくないと思います。

クレジットカードというのは、高い買い物でもカード一枚で出来て、とても便利です。

ですが、カード払いを行っていると、自分がいくら使ったのかを把握しづらくなってしまい、収入以上のお金を使ってしまうこともあるのです。

リボ払いという便利な機能も付いているので、毎月同じ金額ずつ支払いながら、大きな買い物をしがちになってしまうのです。

でも、これではいつまで経ってもお金は貯まりません。

カード払いをするときには、カード支払い専用の口座を作ってその場で入金するような仕組みを作り、一括払いだけで購入するようにしましょう。

そして、リボ払いは絶対に利用しないようにすることです。

カードを利用するときでも、自分なりにルールをつくって利用するようにして、使いすぎないように注意することが大切なのです。

スポンサーリンク


3.1日の予算を決める

例えば、1日1000円のお金を使っていた人が、500円にしたら、残りの500円を貯金することが出来るでしょう。

1日の予算を決めて動くことは、貯金をするためにもとても大切なことなのです。

例えば、1日300円の予算で動いてみることにします。

毎日2本買っていたコーヒーを1本に減らしてみたり、ブレイクタイムのお菓子をなくしたりすることになるはずです。

こうして毎日節約をしていくことで、貯金が出来るようになっていくのです。

例えば、1日1000円使っていた人が、いきなり300円にするのは難しいと思います。

なので最初は半分の500円からスタートしても良いと思います。

500円の生活に慣れてきたら、300円にしてみましょう。

使う金額が少なくなれば、その分余るお金も増えていくので、貯金が簡単に出来るようになっていくのです。

貯金をするためには、1日の予算を決めることです。

スポンサーリンク