お金がなくても安心!年金定期預金を利用する5のメリット

0
59

年金を受け取る銀行を選ぶときには、年金定期預金のサービスを行っている銀行を選ぶと、とてもお得に利用することが出来ます。

とはいえ、年金を受け取る銀行口座を親権に考えている人は少なく、今までどおりの給与受け取り口座で受け取る人が多いのです。
では、年金定期預金のメリットを知って、年金の受け取り口座について考えてみることにしましょう。

スポンサーリンク


1.年金定期預金とは、年金を受け取る銀行で定期預金を行うことである

まずは、年金定期預金という聞き慣れない言葉について説明していきます。

年金定期預金というのは、年金を受け取る銀行で定期預金を行うことを指しています。

年金を受け取る段階になって、銀行口座を指定する場面があります。

このとき、いつも給与を受け取っていた口座や、普段使っている口座を指定する人が多いのです。

もちろん、それでもしっかり年金は受け取ることができますし、他の銀行で運用している定期預金の金利も受け取ることができます。

とはいえ、銀行側としては、定期預金で銀行を利用してもらうことにメリットがあるので、色々な優遇措置をして定期預金を行う人を獲得しようとしているのです。

そのうちの1つが、年金定期預金です。

年金を受け取ると指定している銀行で定期預金を行うことで、銀行側からさまざまな優遇措置を受けることができます。

銀行によっては、年金のみではなく各種手当ての受け取りを行っている人の定期預金の優遇もある場合があります。

年金の受け取りと定期預金を行う銀行を同じにすることで優遇を受けることができるのが、年金定期預金なのです。

2.定期預金の金利が上乗せされるメリットがある

では、年金を受け取る銀行と定期預金を行う銀行を同じすることのメリットを紹介します。

年金定期預金を行っているのは、大手の銀行ではなく、地方銀行や信用金庫です。

地方銀行や信用金庫は、定期預金を行ってくれる人が少ないので、少しでもその数を増やそうとさまざまな優遇措置を行っています。

そのうちの1つが年金定期預金で、通常の定期預金よりも、金利が上乗せされるというメリットが一番のメリットといえるでしょう。

日本円での定期預金は、超低金利と言われるくらいに金利が低いのです。

ネットバンクのほうが金利が高いので、地方銀行や信用金庫からネットバンクに定期預金を移動させてしまう人も少なくありません。

ですが、年金定期預金を行うと、ネットバンクの平均的な金利よりも高い金利で運用していくことが出来るのです。

定期預金を行うメリットというのは、やはり金利を受け取ることができるという点なので、より高い金利で運用したいという人が多いのです。

老後のためにも、年金定期預金を利用して高い金利を受けとれるようにすることが望ましいのではないでしょうか。

スポンサーリンク


3.将来のために少しでも預金を増やしておくことができる

年金定期預金を利用すると、金利の優遇があるので、より高い金利で預金を運用することができます。

なので、将来のために少しでも預金を増やしておくことができるというメリットがあるのです。

年金の額というのは、年々少なくなりつつあるといわれています。

今、現役世代と呼ばれる年金保険料を支払っている人たちが、将来年金を受け取るような年齢になるころには、実際に年金を貰うことができるかどうか、怪しいとまで言われているのです。

ですから、しっかりと資産運用をしていくことで、自分たちの老後を守ることができます。

現在年金を受け取っている人でも、年金だけで生活をしていけるという人は少ないのです。

老後にかかる費用は1人あたり3000万円程度といわれています。

それだけのお金を貯めるのは大変ですが、年金だけでまかなえるかというと、それも無理な話なのです。

そこで、年金定期預金を利用するのです。

0.3パーセント程度の金利の上乗せですが、年金定期預金を利用するのとしないのでは、最終的な金額が大きく変わってしまうので、利用しておいた方がいいのです。

スポンサーリンク