貯金したい人必見!家計簿管理が簡単になる3つの方法

0
152

3.用途で支出を分類して管理する

用途に分けて家計簿を付けていくのは、意識改革をすることに似ています。

毎日、レシートを眺めながら「これは消費だろうか?浪費だろうか?」と考える癖をつければ、自然と、商品を購入するときに消費か浪費かを判断することができるようになります。

すると、無駄遣いが減っていくので、自然に節約ができて、自然にお金を貯められるようになります。

お金に対する意識改革をしたいと思う人は、この方法を試してみてください。

家計簿として分類する項目は3つだけです。

まずは「消費」です。

スポンサーリンク



生活をしていく上で、必ず必要になるお金は消費になります。

食費もそうですし、光熱費や家賃も消費になります。

ただし、食費の中でも浪費に分類されるものもあるので、何でも消費に分類してしまうのはNGです。

「浪費」というのは、いわゆる無駄遣いで、必要はないんだけどお金を使ってしまったというときに分類します。

例えば、お菓子を買ったときに食費として分類したいけど、生活のためにお菓子は絶対に必要なものではありません。

ですから、これは浪費にあたります。

生活で絶対必要なものかどうかの判断を厳しくしていく必要があります。

そして、最後になるのは「投資」です。

自分への投資、有価証券への投資、将来価値があるものにお金を使ったのであれば、それは投資になります。

例えば、将来のためにセミナーに参加したとしたら、それは自分への投資なのです。

このように3つは「消費70%」「浪費5%」「投資25%」が理想だと言われているので、それを目指してみるといいでしょう。

スポンサーリンク


貯金したい人必見!家計簿管理が簡単になる3つの方法

家計簿管理に正解はありません。

そこで、自分にあった方法で家計簿を管理することが、一番簡単なのです。

自分にあった方法を見つけて、家計簿管理をしていけば、難しかった節約も貯金も、簡単になるかもしれませんよ。

1.しっかり細かくチェックしていく
2.ざっくり5つの項目で家計簿を管理する
3.用途で支出を分類して管理する